ジョーカー・ゲーム

書名ジョーカー・ゲーム
作者柳広司
出版社角川グループパブリッシング
発売日2008/8/29
単行本252ページ
[本の紹介]

結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。 「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。 これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。 軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。 だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。 東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。

[評価]:★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system