国家と犯罪

書名国家と犯罪
作者船戸与一
出版社小学館
発売日1997/4
単行本382ページ
[本の紹介]

「わたしは比較的辺境を旅することが多いが、ときどき眩暈を覚えるような光景に出くわすことがある。 そこでは人間があまりにも簡単に殺されるのだ……。 国家に対する犯罪。 国家による犯罪。 本書はその二つの相関についてのささやかな旅の報告である」(「序にかえて」より) キューバ、メキシコ、中国、クルディスタン、イタリア… 世界の辺境では、いま何が起きているか? 『山猫の夏』『砂のクロニクル』など傑作冒険小説を描き続ける作家が20年ぶりに世に問うた巨弾ルポルタージュ。

[評価]:

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system