闇の楽園

書名闇の楽園
作者戸梶圭太
出版社新潮社
発売日1999/1
単行本381ページ
[本の紹介]

長野県坂巻町では過疎化を食い止めるため町おこしアイデアを一般公募することに。 通信機器販売の営業成績不振な青柳敏郎は、町おこしのアイディア募集を見て「お化け屋敷のテーマパーク」を思いつき、応募すると見事採用に。 だが、その町では反対運動が起きて、住民投票で決着をつける事態へ。 敏郎たちが反対派の素性を探ると、謎の集団に行き当たった。 天海原という女性を教祖と仰ぐカルト教団「真道学院」である。 真道学院は町に道場建設を目論んでいたのだ。 破天荒な犯罪をポップなノリで描く著者の衝撃的デビュー作。

[評価]:★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system