天切り松闇語り

書名天切り松闇語り
作者浅田次郎
出版社徳間書店
発売日1996/7
単行本256ページ
[本の紹介]

夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音「闇がたり」で、遙かな昔を物語り始めた―。 時は大正ロマン華やかなりし頃、帝都に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家。 盗られて困らぬ天下のお宝だけを狙い、貧しい人々には救いの手をさしのべる。 義理と人情に命を賭けた、粋でいなせな怪盗たちの胸のすく大活躍を描く傑作悪漢小説シリーズ第一弾。

[評価]:★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system