海賊とよばれた男

書名海賊とよばれた男
作者百田尚樹
出版社講談社
発売日2012/7/12
単行本上巻 386ページ 下巻 364ページ
[本の紹介]

「ならん!ひとりの馘首もならん」―敗戦の夏、異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、なにもかもを失い残ったのは借金のみ。そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、旧海軍の残油集めなどで糊口をしのぎながら、逞しく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とは―出光興産の創業者・出光佐三をモデルにした本格歴史経済小説。『永遠の0』の作者・百田尚樹氏畢生の大作。

[評価]:★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system