竜が最後に帰る場所

書名竜が最後に帰る場所
作者恒川光太郎
出版社講談社
発売日2010/9/18
単行本252ページ
[本の紹介]

風を、迷いを、闇夜を、鳥を。著者はわずか5つの短編で、世界の全部を解放してしまった。古く湿った漁村から大都市の片隅、古代の南の島へと予想外の展開を繰り広げながら飛翔する物語。「夜市」の著者にして日常と幻想の境界を往還し続ける鬼才による最重要短編集。

[評価]:★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system