陰の季節

書名陰の季節
作者横山秀夫
出版社文藝春秋
発売日1998/10
単行本227ページ
[本の紹介]

「県警」という名の巨大組織。その警察一家の要となる人事担当の二渡(ふたわたり)真治は、天下り先ポストに固執する大物OBの説得にあたる。勇退拒否とは、組織人として生涯を過ごしてきた者として、考えられない行動だ。いったいその真意は? 引退を説いたがにべもなく撥ねつけられた二渡がOBの周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた……。「まったく新しい警察小説の誕生!」と選考委員の激賞を浴びた第5回松本清張賞受賞作。D県警シリーズの鮮烈な第1弾!

[評価]:

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system