びっくり館の殺人

書名びっくり館の殺人
作者綾辻行人
出版社講談社
発売日2006/3/17
単行本372ページ
[本の紹介]

とある古書店で、たまたま手に取った1冊の推理小説。 読みすすめるうち、謎の建築家・中村青司の名前が目に飛び込む。 その瞬間、三知也の心に呼び起こされる遠い日の思い出……。 三知也が小学校6年生のとき、近所に「びっくり館」と呼ばれる屋敷があった。 いろいろなあやしいうわさがささやかれるその屋敷には、白髪の老主人と内気な少年トシオ、それからちょっと風変わりな人形リリカがいた。 クリスマスの夜、「びっくり館」に招待された三知也たちは、< リリカの部屋>で発生した奇怪な密室殺人の第一発見者に。 あれから10年以上がすぎた今もなお、事件の犯人はつかまっていないというのだが……

[評価]:

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system