ソロモンの犬

書名ソロモンの犬
作者道尾秀介
出版社文藝春秋
発売日2007/8
単行本334ページ
[本の紹介]

それはある雨の日。 少し奇妙な雰囲気の喫茶店で顔を合わせた四人の男女。 重苦しい空気の中、秋内静は切り出した。 「一度、ちゃんと話し合うべきなのかもしれない」 「この中に、人殺しがいるのかいないのか」 二週間前―彼等の目の前で一人の少年が死んだ。 見知った顔だった。 いやそれどころか、数時間前に言葉を交わした相手だった。 それは事故だった。 少年が散歩させていた犬が、突然車道へと飛び出したのだ。 赤いリードは少年の腕に巻き付けられていた。 そして、そこへ運悪く大型トラックが飛び込んで来てしまった。 犬だけが無事だった。 しかし秋内の心には疑念が残り続けていた。 一体何故、犬は急に走り出したのか。

[評価]:

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system