首無の如き祟るもの

書名首無の如き祟るもの
作者三津田信三
出版社原書房
発売日2007/4
単行本447ページ
[本の紹介]

奥多摩に代々続く秘守家の「婚舎の集い」。 二十三歳になった当主の長男・長寿郎が、三人の花嫁候補のなかからひとりを選ぶ儀式である。 その儀式の最中、候補のひとりが首無し死体で発見された。 犯人は現場から消えた長寿郎なのか? しかし逃げた形跡はどこにも見つからない。 一族の跡目争いもからんで混乱が続くなか、そこへ第二、第三の犠牲者が、いずれも首無し死体で見つかる。 古く伝わる淡首様の祟りなのか、それとも十年前に井戸に打ち棄てられて死んでいた長寿郎の双子の妹の怨念なのか―。

[評価]:★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system