凶鳥の如き忌むもの

書名凶鳥の如き忌むもの
作者三津田信三
出版社講談社
発売日2006/9/6
新書384ページ
[本の紹介]

怪異譚を求め日本中をたずねる小説家・刀城言耶は瀬戸内にある鳥坏島の秘儀を取材しに行く。 島の断崖絶壁の上に造られた拝殿で執り行われる“鳥人の儀”とは何か? 儀礼中に消える巫女! 大鳥様の奇跡か? はたまた鳥女と呼ばれる化け物の仕業なのか? 本格ミステリーと民俗ホラーを融合させた高密度推理小説。

[評価]:

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system