追想五断章

書名追想五断章
作者米澤穂信
出版社集英社
発売日2009/8/26
単行本240ページ
[本の紹介]

古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。 依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探していた。 調査を続けるうち芳光は、未解決のままに終わった事件“アントワープの銃声”の存在を知る。 二十二年前のその夜何があったのか? 幾重にも隠された真相は? 米澤穂信が初めて「青春去りし後の人間」を描く最新長編。

[評価]:★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system