天空の蜂

書名天空の蜂
作者東野圭吾
出版社講談社
発売日1995/11
単行本497ページ
[本の紹介]

驚愕のクライシス・サスペンス。 天空の蜂はいかなる毒針を刺そうとするのか? 書下ろし900枚・前代未聞。 原発を揺さぶる空からの脅迫。 圧倒的迫力で描くクライシス・サスペンス。 「爆発物を積載した超大型ヘリを高速増殖炉に墜落させる。 それを防ぎたければ日本中の原発を即刻使用不能にせよ」──。 「天空の蜂」と名乗る犯人が仕組んだ恐るべき犯行。 超大型ヘリはすでに原子炉上空千数百メートルでホバリングを始めていた。 だが犯人にも誤算があった。 コンピュータによって遠隔操作されるヘリ内部には、子供が閉じこめられていたのだ。 原発が、子供が、日本が危ない。

[評価]:★★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system