金門島流離譚

書名金門島流離譚
作者船戸与一
出版社毎日新聞社
発売日2004/3
単行本487ページ
[本の紹介]

いまだ中国・台湾間で帰属の曖昧な、現代史の生んだ“空白の島”金門島。 藤堂義春は、日本を離れ、金門島と台北を拠点に偽造品ビジネスに手を染めていた。 ある日、突然のように藤堂の周りに事件が起きはじめ、それは藤堂の知人を次々に巻き込み、ついには藤堂へと絡みついていく。 次第に明らかになる、藤堂の抱える「ある事情」。 事件は、いったいなぜ起きたのか…。 表題作の他、台湾・瑞芳鎮を舞台にした『瑞芳霧雨情話』を収録。

[評価]:★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system