緋色の時代

書名緋色の時代
作者船戸与一
出版社小学館
発売日2001/12
単行本上巻 470ページ 下巻 447ページ
[本の紹介]

マフィア化したアフガン帰還兵たちが繰り広げる大抗争。 船戸小説史上、最大の流血劇を描く混沌の叙事詩。 「すべてはアフガンから始まった」。 ビンラディンやアルカイダ、タリバン、パンジシール渓谷、ジャララバードという固有名詞で始まるこの長編作品は、2か月にわたるロシア辺境取材を敢行し描かれた。 アフガン帰還兵がマフィア化し、社会秩序が液状化するロシア社会を活写する、まさに現在の世界テロ戦争の後の社会を予言した作品である。 死者800人という、船戸小説史上、最大の殺戮劇を、異様な迫力で描いたハードボイルド。

[評価]:★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system