緑の底の底

書名緑の底の底
作者船戸与一
出版社中央公論社
発売日1989/10
単行本348ページ
[本の紹介]

日系2世の青年が主人公。 人類文化学者である叔父の調査隊に通訳として参加する。 調査隊の目的は、ベネズエラとコロンビアの国境付近のジャングル深く(ここが緑の底の底というわけ)にいると噂される“白いインディオ”の探査。 が、単なる学術探査で終わるわけも無く、欲、憎しみ、思惑が交錯し、血が流れる。

[評価]:★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system