守宮薄緑

書名守宮薄緑
作者花村萬月
出版社新潮社
発売日1999/3
単行本251ページ
[本の紹介]

ココロとカラダが震える。30分間の自由恋愛。 那覇は、熱気に覆われている。 11月の倦怠に抱かれ、作家は街を流れた。 女たちは艶然と微笑みかける。 道は、〈社交街〉にゆるやかに続いている。 濃密な沖縄の闇を切り取る、表題作。 世界からズレていた、美しい女。 女衒のヒモと無垢な少女の交情。 ふたりのスリリングな関係──「崩漏」。 父の死の輪郭を、わずかな枚数で浮かび上がらせた──「らん斑」。 ココロとカラダを震わせる、小説の群れ。

[評価]:★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system