慟哭

書名慟哭
作者貫井徳郎
出版社東京創元社
発売日1993/10
単行本372ページ
[本の紹介]

連続する幼女誘拐事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。 若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。 こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが……。 人は耐えがたい悲しみに慟哭する―― 新興宗教や現代の家族愛を題材に内奥の痛切な叫びを描破した、鮮烈デビュー作。

[評価]:★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system