虚無への供物

書名虚無への供物
作者中井英夫
出版社講談社
発売日1974/3
文庫669ページ
[本の紹介]

小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、夢野久作『ドグラ・マグラ 』とともに、日本探偵小説史上の三大奇書と並び称される。 氷沼家を舞台として繰り広げられる奇妙な殺人事件。 その現場に居合わせた主人公たちが推理合戦を交わすが、推理は衒学趣味の様態を呈し、いよいよ混迷へと陥っていく……。 推理小説でありながら推理小説であることを拒否する、反推理小説(アンチ・ミステリ)の傑作としても知られる。

[評価]:★★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system