匣の中の失楽

書名匣の中の失楽
作者竹本健治
出版社幻影城
発売日1978/7
単行本379ページ
[本の紹介]

探偵小説狂の仲間うちで黒魔術師と綽名されていた曳間が殺害された。 しかも友人のナイルズが現在進行形で書いている実名小説が予言した通りに……。 弱冠22歳の青年が書いたこの処女作は『ドグラ・マグラ』『黒死館殺人事件』『虚無への供物』に続く 「第4の奇書」と呼ばれる伝説の名著となった。

[評価]:★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system