溝鼠

書名溝鼠
作者新堂冬樹
出版社徳間書店
発売日2002/4/16
単行本439ページ
[本の紹介]

ドブネズミ。 卑しく、小狡く、みすぼらしい嫌われもの。 が、鷹場は知っている。 人間様が滅びても生き延びると言われる、ドブネズミの逞しい生命力を。 他人から、認められたいとは思わない。 ましてや、尊敬されたいなどとは思わない。 自分の望み――誰よりも金を持ち、誰よりも生き延びること。 そう。 餌を手に入れるためなら、軽蔑されることなど屁でもない。 たとえその餌が他人のものであろうと、腐っていようと構わない,,,。

[評価]:★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system