無間地獄

書名無間地獄
作者新堂冬樹
出版社幻冬舎
発売日2000/4
単行本458ページ
[本の紹介]

サラ金、街金はまだ甘い。 最底辺の闇金は生け贄の全てを奪う。 財産、職場、家庭、人権。 女は肉体、男は臓器。 金のためなら命も狙う。 人はどこまで堕ちるのか。 神への謀反か、悪魔への追従か。 逃げるろくでなし、追う人でなし。 騙し、騙され、裏切り、嵌める。 獰猛な獣たちが咆哮する殺戮と禁断のエクスタシー。

[評価]:★★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system