あした蜉蝣の旅

書名あした蜉蝣の旅
作者志水辰夫
出版社毎日新聞社
発売日1996/2
単行本521ページ
[本の紹介]

都内で小さなPR会社を経営する俵谷慎介のもとに、郷土史家を名乗る老人がふいに現れた。 廻船問屋だった俵谷の先祖が日本海某地に遺した財宝を追っているというのだ。 半信半疑の俵谷だったが、老人の姪の美貌に翻弄されながら、次第に底無しの欲望ゲームに巻きこまれてゆく。 そして、落とし穴は意外なところに用意されていた…。 志水流ハードボイルドが結実した記念碑的超大作。

[評価]:★★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system