RIKO

書名RIKO
作者柴田よしき
出版社角川書店
発売日1995/5
単行本354ページ
[本の紹介]

男性優位主義の色濃く残る巨大な警察組織。 その中で、女であることを主張し放埓に生きる女性刑事・村上緑子 彼女のチームは新宿のビデオ店から一本の裏ビデオを押収した。 そこに映されていたのは残虐な輪姦シーン。 それも、男が男の肉体をむさぼり、犯す。 やがて、殺されていくビデオの被害者たち。 緑子は事件を追い、戦いつづける、たった一つの真実、女の永遠を求めて――。 性愛小説や恋愛小説としても絶賛を浴びた衝撃の新警察小説。 《第十五回横溝正史賞受賞作》

[評価]:

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system