国境

書名国境
作者黒川博行
出版社講談社
発売日2001/11
単行本444ページ
[本の紹介]

わしとおまえで、国境破りや。 あの“疫病神”が帰ってきた。 今度の敵は未知なる“国家”――。 底辺に生きる男たちが意地と矜持で国境を越える。 連載時からの話題作、ついに刊行。 国境てなもんは、地形や民族で決まるもんやない。 その時々の喧嘩の強さで、右にも左にもずれるんや。 金を持ち逃げした詐欺師を追って、北朝鮮へ飛んだ建設コンサルタント二宮とヤクザ桑原。 2人を待ち受けていたのは、未知なる国家の底知れぬ闇――。 2回の北朝鮮潜入取材を敢行、中朝国境の現実を描きつくした、渾身の長編ノワール大作!

[評価]:★★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system