東亰異聞

書名東亰異聞
作者小野不由美
出版社新潮社
発売日1994/4
単行本322ページ
[本の紹介]

物語の舞台は、明治時代の帝都・東亰。 闇が人のものである時代は終わり、夜は魑魅魍魎が跋扈している。 高所に火達磨で現れ火で人を殺し、最後には消えてしまう火炎魔人。 夜道で長い爪で人を引き裂く、赤姫姿の闇御前。 それらの正体を調べる新聞記者・平河は、闇御前に襲われ、幸いにも軽傷で済んだ青年を探し当てる。 その青年は鷹司家の当主・常(ときわ)。 しかし妾腹の常には同日生まれの、やはり妾腹の異母兄がいて、鷹司公爵家の次期当主を巡るお家駆動の影が見え隠れする。 人の心に巣食う闇を怪しく艶やかに描く伝奇ミステリー。

[評価]:

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system