金雀枝荘の殺人

書名金雀枝荘の殺人
作者今邑彩
出版社講談社
発売日1996/7
文庫343ページ
[本の紹介]

金雀枝(えにしだ)の花が満開に咲くころ、1年に1度、かれらがこの館を訪ねる。 また、あの季節が巡ってきた……。 完璧に封印された館で発見された、不条理極まる6人の死。 過去にも多くの命を奪った「呪われた館」で繰り広げられる新たなる惨劇、そして戦慄の真相とは。 息をもつかせぬ、恐怖と幻想の本格ミステリー。

[評価]:★★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system