果つる底なき

書名果つる底なき
作者池井戸潤
出版社講談社
発売日1998/9
単行本330ページ
[本の紹介]

「なあ、伊木、これは貸しだからな」と、謎の言葉を残して債権回収担当の銀行員・坂本は死んだ。 死因はアシナガバチによるアナフィラキシーショックだった。 翌日、坂本が顧客の口座から金を引き出し、自分の口座に送金していたことが発覚する。 伊木は、坂本の無実を信じ、坂本が生前何をしようとしていたのか調べ始める。 その過程で、自分が融資を担当した「東京シリコン」の倒産の真の原因を突き止め、坂本が言っていた「貸し」の意味を理解し、痛恨の思いに駆られる。 しかし、坂本の死には更に深い闇が隠されていた。 伊木の行動を邪魔する者が現れ、更なる死人・怪我人が出始める。 第44回江戸川乱歩賞受賞作。

[評価]:★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system