バイアウト

書名バイアウト
作者幸田真音
出版社文藝春秋
発売日2007/5
単行本413ページ
[本の紹介]

企業買収で動向が注目される投資ファンドとのディールに、音楽会社の名前があがる。 それは自分を捨てた父が働く会社だった…… 金儲けを第一主義に、敵対的TOBなどで世間の注目を集める相馬ファンド。 相馬との念願の取引にこぎつけた外資系証券会社の広田美潮だったが、買付を依頼された銘柄は、皮肉にも幼い頃自分を捨てた父の音楽会社だった。 また相馬だけでなく他三社がTOBを仕掛けてくる異常事態発生。 生き残りをかけた熾烈な戦いが始まった。 金儲けは悪か、企業の価値とは何かに著者が鋭く迫る。 経済に詳しい人は裏読みを、詳しくない人は企業買収の緊迫感を楽しめる作品。

[評価]:

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system