双頭の悪魔

書名双頭の悪魔
作者有栖川有栖
出版社東京創元社
発売日1992/2
単行本412ページ
[本の紹介]

他人を寄せつけず奥深い山で芸術家たちが創作に没頭する四国山中の村−木更村。 木更村に迷い込んだまま、マリアが戻ってこない。 救援に向かった英都大学推理研の一行は、大雨のなか木更村への潜入を図る。 江神二郎は接触に成功するが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。 川の両側に分断された木更村の江神・マリアと夏森村の望月・織田・アリス。 双方が殺人事件に巻き込まれ、各々の真相究明が始まる…。 読者への挑戦が三度添えられた、犯人当ての限界に挑む大作。

[評価]:★★★★

takeshi3017の書庫の更新情報


感想などありましたらどうぞ。

お名前 :


男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

URL :


返信 :


check 必須

半角で 3017 と入力






inserted by FC2 system